友達のところもそうですが

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。
本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。相乗効果なのか、早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。実際にはそうではないのです。胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが適切な摂取方法だと言えます。サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。
葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。
それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時での摂取はおススメしません。不妊が続く状態を打破するために、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。
精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。妊娠しやすさのためには夫妻そろってバランス良く健康的な食習慣を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。
実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦が利用する場合も少なくありません。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる成分ですよね。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで葉酸をしっかりと補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

Categories: 54ダイアリー